四日市市 皮膚科 アレルギー科 漢方皮膚科 美容皮膚科 日本東洋医学会認定医 アトピー性皮膚炎  スーパーライザー レーザー脱毛


皮膚の病気と治療
アトピー性皮膚炎 ウイルス性イボ みずいぼ(伝染性軟属腫)
水虫(足爪白癬) にきび 帯状疱疹
ホクロ 進行性指掌角化症
(手湿疹)
とびひ(伝染性膿痂疹)
カビによるおむつかぶれ
(乳児寄生菌性紅斑)
肝斑 男性型脱毛症
掌蹠膿疱症 くびのイボ(軟性線維腫) 腰痛症 膝関節症

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は強いかゆみによって炎症部分を掻いてしまい、皮膚を傷つけてバリア機能が低下し、少しの刺激でも敏感になりさらに掻くことにより、症状が悪化していくという悪循環が起こる。
当院では、西洋薬を用いながら乾燥肌には保湿作用のある外用剤を用います。また、従来西洋薬ではかゆみなどの症状には有効であるが、西洋薬に限界があり、その場合に漢方薬を用いることにより、顔の紅班、眼の周囲の発赤や全身の乾燥肌の症状をおさえることができます。
当院では辛いかゆみや顔の赤みなどがなくなり、毎日気持ちよく暮らしていただける事を目標に頑張って治療させていただきます。
ウィルス性イボ(尋常性疣贅)じんじょうせいゆうぜい
イボはパピローマウィルスによって手のひらや足裏にできる感染症です。放置しておくと人に感染したり、大きくなります。
当院では、液体窒素という冷たい液体でイボの部分を凍らせて治していきます。この治療は痛みを伴うため、特殊な外用薬や漢方の内服も併用して治していきます。
みずいぼ(伝染性軟属腫)でんせいせいなんぞくしゅ
皮膚にできるウィルス感染症です。プールでのビート板やタオル等を介して感染します。また、乾燥肌の児童は皮膚が傷ついているため、感染しやすいので注意が必要です。
小児科の先生は、放置をすすめる人が多いですが、数が増え、より大きくなって傷となって目立つことが多々ありますので、注意する必要があります。治療は水いぼ用のピンセットで処置を行います。
水虫(足爪白癬)あしつめはくせん
水虫は症状により、汗疱型、趾間(しかん)型、角化型の3種類があります。夏に症状が悪化し、冬は軽快するが、最近は生活状態の変化により、必ずしもその限りではありません。成人が多いですが小児でもスリッパ、足ふきによる家庭内感染もあります。 また、爪が白濁したり、肥厚する爪白癬(つめみずむし)は本人に症状が全くない角化型なので、家族感染の原因となりますので、抗真菌剤の内服を行なうことが治療と家族への感染予防の両面で重要と考えます。
にきび
にきびはかゆみや痛みがあり、女性は見た目で悩まされる方がとてもたくさんいらっしゃいます。最近は若い男性もにきびを気にして来院される方がたくさんおられます。赤にきびに対してひどい場合は抗生物質を使って炎症をおさえて随時漢方薬を用いて治療を行います。生理前後の男性ホルモンの有意の上昇による一次的なにきびの悪化にも漢方薬を用いることにより、にきびの出現をおさえることが可能です。
外用薬では、ディフェリンゲル(アダパレンゲル)とダラシンTゲルを使い前者にてにきびの皮膚を除去し、そのあと後者の抗菌作用にて毛のう内に侵入し、にきびの除去、発生をおさえる治療が可能となりました。
また当院はピーリングも10年前より施行しており、どうしても早く治したいという方には自費診療となりますが、50%グリコール酸ピーリングや30%サリチル酸ピーリングも積極的に行なっております。背部のにきびは30%サリチル酸ピーリングを数回施行すると有効です。
帯状疱疹
ヘルペスゾスターというウイルスによって引き起こす皮膚発疹と神経痛です。発疹は四肢、体、頭部ともに片側だけに発生するのが特徴です。まず、発疹が出現する前に痛みがおきるため腹部にできれば内科、腰にできれば、整形外科、顔にできれば眼科と受診し、本来皮膚科で早く治療を開始することにより、痛みもなく、後遺症も少なく治すことが可能です。
また患部を温めると、痛みが楽になりますので、患部は冷やさず、入浴などでお体を十分に温めることが大切です。最近帯状疱疹の新しい薬(商品名ファムビル)が保険適用になりました。従来の薬の比べると飲みやすくなっていますがまだ、治療薬は高額のため、ジェネリック薬(後発品)もご紹介しています。
ホクロ
まず、ダーモスコープを用いて悪性でないかを判断し、良性であると判断した場合、健康保険を使っての切除が可能です。
進行性指掌角化症、(手湿疹)
手の指先の皮膚に乾燥、かゆみ、ひび割れを起こし、手の皮膚が硬くなったりする皮膚病です。直接に外用薬や亜鉛華軟膏を用い、漢方薬を使い、手の指先のひび割れをかなりの割合で抑えることがかのうです。他医にて外用薬や抗アレルギー剤を使用してもよくならない方は是非一度、御来院ください。
伝染性伝染性膿痂疹(とびひ)
主として夏に幼小児がかかる皮膚の細菌感染で、皮膚表層に黄色ブドウ球菌(黄色最近)、またはA群β溶血性連鎖球菌(溶連菌) が感染して発症します。菌に対して有効な抗生物質を塗布し、亜鉛華軟膏を重層します。内服薬として抗生物質と抗アレルギー剤を使用します。3〜4日間で治癒します。
乳児寄生菌性紅斑、乳児皮膚カンジダ症
乳児寄生菌性紅斑、乳児皮膚カンジダ症 肛門や睾丸粘膜に生じ、おむつかぶれに似た症状であり、 KOH検査(皮膚真菌検査)によりカンジダを鏡検で確認できます。

顔面の後天性斑状色素沈着で、30~40歳代の女性に発症することが多いが、

5〜10%の患者は男性例であると報告されている。
原因は他因子の関与が推定されており、遺伝、紫外線照射、卵胞ホルモンや黄体ホルモンによる色素細胞の活性化、経口避妊薬の服用、化粧品の影響や強く洗顔することも大きく関与していると言われています。治療法としては、内服療法では、トラネキサム酸(トランサミン)とビタミンCを用いる。トラネキサム酸は色素細胞のメラニン産生抑制作用を有する。ビタミンC はメラニン生成を直接阻害する作用を有する。
また、外用療法として 肝斑の部位にトレチノレン酸(ビタミンA )を綿棒で塗布し、さらにルミキシル (ハイドロキノンの17倍作用が強く、非刺激性です)を顔面全体に塗布することにより、肝斑は消失し、肌を美白にすることが期待できます。

男性に多く見られる頭の毛が薄くなる病気のことです。額の生え際や頭頂部(頭のてっぺん)の髪の毛がだんだん薄くなり、薄毛、抜け毛が目立つようになります。男性型脱毛症(AGA)では何もしないでいると薄毛、抜け毛が徐々に進んで行きます。内服療法としてプロペシアが開発されました。1年後には半便以上の方の毛が増えて、5年後には90%の方で効果のあることが認められています。

手のひら、足の裏に水疱(水ぶくれ)膿疱(うみを持った水疱)ができる病気です。胸鎖助骨が痛くなることもあります。体内の炎症、例えば扁桃炎や金属アレルギーでおきる場合もあります。外用療法は副腎皮質ホルモンの外用とビタミンD3の外用です。内服療法はミノマイシンや漢方薬を用いて治療しています。

半球状から有茎の腫瘍や頚部や腋窩に発生します。アクロコルドンと言い、はさみで切除したり、茎の目立たないものはCO2レーザーで除去することがあります。