日本東洋医学会認定 漢方専門医
レーザーで綺麗な肌に

レディエッセロゴ
レディエッセとは?
レディエッセは、コラーゲンやヒアルロン酸などと違い、カルシウムベースの粒子を使用した皮膚充填剤です。 この粒子は、整形外科・耳鼻咽喉科・歯科・形成外科などの医療行為で使われている安全な物質です。患者様・治療部位にもよりますが、レディエッセは1年以上かけて皮膚の中でゆっくり安全・自然に吸収されていきます。
皮膚充填剤による治療とは?
皮膚充填剤(ひふじゅうてんざい)による治療とは、安全な物質(例:ヒアルロン酸、コラーゲン、レディエッセなど)を皮膚に入れてしわや顔の輪郭などを改善する治療のことです。例えば、ほうれい線やマリオネットラインなどの気になる場所に注入することでしわの溝やくぼみを浅く、目立たなくすることができます。メスなどを使った外科的治療と違って皮膚を切らずに注入するので痛みが少なく負担が軽い治療です。
確かな治療効果
注入後、効果をすぐに実感できます。レディエッセは、硬くはなったりせずに軟らかいままで皮膚に残り、自然で若々しい表情を取り戻すことが可能です。他の皮膚充填剤よりも長期の効果が認められており、1年から1年半と言われています。ただし、効果には個人差がありますので、医師にご相談下さい。
安全性について
レディエッセは一部の皮膚充填剤のように治療前のアレルギーテストを必要とせず、様々な研究により非常に効果的で安全であることが証明されています。現在、アメリカ・ヨーロッパ・韓国など世界の多くの国で医療承認されており、世界で80万人以上の方がこの治療を受け、4000人以上の医師がレディエッセを使用しています。 骨にならない理由として、骨芽細胞・骨形成タンパク質(bone morphogenic protein:BMP)が皮膚組織には存在しないこと、レディエッセに含有されるカルシウムハイドロキシアパタイトは骨のミネラル成分であり、骨組織そのものではないということも挙げられます。
治療の流れ
  1. ドクターと症状についてのカウンセリングを行います。
  2. 化粧を落とし、患者様によっては麻酔をします(30分程度お待ちいただきます)。
  3. 治療したい場所にレディエッセを注入します。治療時間は約15分です。
  4. 最後に注意事項などを聞いて終了です。後日、再来院して状態をチェックします。
作用機序

レディエッセが注入されると、カルシウムハイドロキシアパタイト粒子とキャリアジェルが即時効果をもたらします。個人差はありますが、ヒアルロン酸やコラーゲンよりも少ない量で改善が得られます。

  コラーゲンを産生する線維芽細胞がカルシウムハイドロキシアパタイト粒子の周りに集まってきます。  

線維芽細胞がカルシウムハイドロキシアパタイトを足場に定着し、患者様ご自身のコラーゲンを産生します。結果としてこれが長期持続効果を実現します。

 

レディエッセは永久に残るものではありません。ゆっくりとマクロファージによって分解され、吸収されていきます。

症例
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
SMILE
BEFORE
AFTER
SMILE
BEFORE
AFTER
SMILE
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER

▲このページのトップへ
copyright